人工冬眠の落としどころ (2019年第3回)

モト大科学講義 シリーズ第一弾
人工冬眠の落としどころ (2019年第3回)
  • 人工冬眠の落としどころ (2019年第3回)

講義データ

開催日2019年03月14日
募集状況募集中
タグ

講義概要

神戸には大学や理研などの研究機関があり、数多くの科学者が働いています。

研究のことに少し興味はあるけれど、知人もいないし敷居が高すぎる気がして、お話を聞く機会がない、、、そんなみなさまに朗報です。神戸モトマチ大学が、科学講義の開催に挑みます。

その第一弾は砂川さん。とても優しい小児科医の顔をもちながら、ポートアイランドの理化学研究所で人工冬眠の研究をしています。

ヤマネやクマみたいに冬眠できる未来をめざしている、砂川さんの研究のことを教えてもらうだけでなく、その成果が別のどんな分野で使えるか、みんなで考える時間もつくります。

「科学者はシェイクスピアを、文学者は相対性理論を読まなければならない」(多田富雄博士)という言葉があります。この講義が、科学と縁遠かった方にこそ、大切な時間になりますように。

※写真は、北海道大学 低温科学研究所 冬眠代謝分野よりご提供頂いた、冬眠中のハムスターのお尻です。

講義詳細

ゲスト(敬称略)
砂川玄志郎 国立研究開発法人理化学研究所
ナビゲータ
村上豪英 神戸モトマチ大学 代表
開催日時
2019年3月14日(木)19時~20時30分(開場18時30分)
料金
500円
定員
40人
場所
スペース303 伊藤ビル3階(神戸市中央区栄町通3丁目1-12)

この講義に参加申込みをする

お名前※
よみがな
お電話番号※
メールアドレス※
同伴者氏名
メッセージ

この講義についてのお問い合わせ

お名前※
よみがな
お電話番号※
メールアドレス※
お問い合わせ内容